元キャバ嬢たちのリアルストーリー~ソムリエール~/後編

※写真はイメージ

 

こんにちは。ライターの森山まなみです。

元キャバ嬢たちのその後を描くリアルストーリー、

ソムリエールになった元キャバ嬢のお話の後編です。

前編はこちら

 

 

 

超有名P店で人気嬢の一人となったM嬢は、

お店の中堅どころとして欠かせないキャバ嬢となり、とても充実した毎日を過ごしていたようです。

 

歌舞伎町が長くなると街で名前を知られるようになって、同業者だけでなく、街で影響力があったり、力のある人たちとも知り合いになります。

 

地方から出てきたM嬢もすっかり歌舞伎町の住人となって、P店のMちゃんとして定着していました。消える人も多く、入れ替わりが激しい歌舞伎町で名前を知られて、なおかつ定着することってスゴイんですよ。

 

 

 

ワインとの出会いJSA認定ソムリエ

キャバ嬢って実はあまりお酒が得意でない人も多いのですが、高いボトルを入れさせるという使命があります。

高級店しかり、人気店しかりで、良いお酒が揃っています。当然のことながら、席には味もピカイチ高額ワインが登場するわけです。

 

M嬢は先輩の席で飲んだ極上の一杯ワインの美味しさに目覚めたとか。ワインに興味を持ったことでワインスクールに通うことになり、

 

「ソムリエになりたい」

 

と思うようになったそうです。

 

そういえば当時のM嬢のブログには、いろいろなバーやレストランでワインを飲んでいる様子が見られました。

キャバ嬢をしつつもワインの勉強をしっかりして、なんとJSA認定ソムリエの資格までも取ったのです

 

 

 

キャバ嬢からソムリエール、そしてワインスクール講師へ

JSA認定ソムリエとなったM嬢は、キャバ嬢を卒業してレストランのソムリエールになりました。

そしてまたもやどんどんステップアップしてシェフソムリエとなり、とある公式資格認定試験では最優秀賞を受賞するほどの実力者に!そして今やワインスクール人気講師となり、さらにはワインの普及に貢献のあった人や影響力のある人に与えられるワインの騎士の称号までも授けられ、ワイン業界でも大活躍しています。

 

また、プライベートではワインスクールで知り合ったIT企業の経営者と結婚し、とても幸せそうです。

 

M嬢はキャバ嬢時代からしっかり自分に投資して勉強を続け、ソムリエ資格取得してキャバ嬢卒業後の仕事につなげました。

 

キャバ嬢として働いている自分や原状に満足していても、そこで立ち止まったら先へは進めません。

常に向上心を持って、卒業後にどうしたいかを考えて、努力することが大切なのですね。

 

 

 

ライター:森山まなみ