アラフォー女の“初めて”のホストクラブ/第二話 初指名編

※写真はイメージ(©Shutterstock)

 

どうも、効率的な仕事ぶりで重労働!

相変わらず一升瓶を抱きしめて休日を過ごしている『キャリアウーマン』です。

 

前回、アラフォー女の“初めて”のホストクラブ編をお送りしたわけですが、

楽しかった初回から「送り指名」にしたお気に入りホストとの連絡を重ねること1ヶ月。

 

 

今回はついにアラフォーキャリアウーマン

初めて1人でホストクラブに行く!

 

 

 

そう、この「送り指名」のホストとやりとりを重ね、そのホストが気に入れば、2回目以降はそのホストを指名してお店に通うことになるわけです。

 

そして、このお気に入りのホストが自分の『担当』となり、基本的に同じお店に通い続ける限りずっと同じ担当!

と言うことは、ここでの見極めが肝心!!

 

 

 

私は運が良かった!

 

 

初めてのホストクラブにて「送り指名」にしたホストくんが、本当に良い子!

(もちろんイケメン!)

ということで、すんなり『担当』に決定です。

 

初めてホストクラブに行くまでのやりとりは、第1回でも書きましたが、本当に日常の他愛のない事。

 

 

そう!これって『友営』ってヤツでしょ!?

※参考※

愛すべき社蓄OL赤 坂子ちゃんの[お勉強のじかん―夜の専門用語 1時間目―]

 

 

 

ホストによって営業スタイルも色々ある様子です。

 ・友営…友だちと接する感覚での営業(筆者おすすめ♪)
 ・色恋…恋人と接する感覚での営業(その気にさせてくれるらしい)
 ・本営…本当の恋人のように振る舞う営業(それでも営業。ホストすごい!)
 ・オラ営…オラオラ系、高圧的な営業(筆者絶対ムリ。きっと逆ギレ)

 

※参考※

愛すべき社蓄OL赤 坂子ちゃんの[お勉強のじかん―夜の専門用語 5時間目―]

 

 

アラフォーともなればひとまわり以上離れたイケメンから、愛の言葉をささやかれてもちょっと・・。違うよなーとなるわけです。

 

それを知ってか知らずか、『担当』いい営業してきてくれるじゃない!

 

 

深く聞かない!

まとわりつかない!

常にこちらのスケジュールを優先!

そのうえ、気遣い抜群!!

 

 

 

営業ですから当たり前と言えば当たり前ですが、最近の若い子は・・・。

これが出来ない子が多い。

私はわが後輩に声を大にして言いたくなるわけです。

 

気遣い!ホスト君の爪の垢煎じて飲んで来いー!!と。

 

 

 

 

 

 

 

…あ。取り乱しました。

 

さて、そんなこんなでやりとりを重ねていると、なんだか毎日連絡だけさせてしまっているのが申し訳ないなと言う気持ちに・・。

 

これぞ営業!

 

と分かっているのですが、一升瓶抱きしめて休日を過ごすなら、もう一回イケメンと飲んでもいいかなと思ってきたわけです。

 

ただ、2回目のホストクラブは安価に遊べない・・。って言うじゃないですか!?

 

天下のGoogle先生にいくら聞いても、2回目以降どう遊べばよいか上手い回答がない。

初回は安く遊べます。初回だけにしておくといいでしょう。節度をもって遊びましょう。

ばかり・・・。

 

そうですよね。そうですよね。はい。きっとそうなんでしょ。

 

と色々気にしても仕方ない。行こうと思ったら一直線。

知らない世界を知りたいんです!

そうやって生きてきたんですっ!!

 

ただ、どうしても気になるのが予算・・。

 

私もどうしたものかと散々悩んだのですが、ここは素直にGoogle先生の意見を参考に、担当に相談しちゃいました。

 

 

 

 

 

いくらぐらいで飲めるの??と。

 

 

 

 

 

 

お店にもよるみたいですが、2万円ぐらいからでも遊べる様子です。

 

その程度なら、後輩つれて飲みに行ってごちそうしている金額と変わりません。

いやむしろ1人でも一晩で飲んでるな・・。それぐらい・・。

 

これならサラリーOLでも行けるではないか!!

 

と安心してお店に向かうことに。

いや予算は解決したのですが、1人のホストクラブとにかく緊張しました。

なんなのでしょうか、あのホストクラブのとんでもなく開けづらいドア。

魔界に連れ去られるみたいだ・・・。と思ったことはこの先忘れることはないでしょう。

 

飲みに行くのに緊張するって何!?と思うのですが、色んな先入観がそうさせたのでしょう・・。

どうにも1人でお店に迎えなかったので、担当にお店のビルの下まで迎えに来てもらいました。

 

これはこれで初デートのごとく緊張しましたが(生娘か!)

 

ただ、こちらの緊張をよそに担当はいたって普通。(今から思えば、そりゃそうだ…)

そして相変わらずのキラキラ笑顔のイケメン絶好調なわけです。

それを見てまた緊張。口から胃が出るかと思いました。

 

まぁ、それほど緊張していたのですが、ただただ楽しかった。

あぁ楽しかった!

おまけに予算伝えていた通りだったじゃん!

 

これなら誰かと楽しく飲みたいとき、嫌そうに無理やり後輩たちに付き合ってもらうよりいいんじゃない!?

 

 

だって、あれこれ気を配らずに飲めるんだよ(泣)

お酌しなくていいんだよ(号泣)

なんとお酌もしてくれるんだよ(大号泣)

 

 

それに何度か通って顔見知りになってくると、担当以外のホストとも楽しく話せるようになるし。

楽しくワイワイ飲みたい!アラファーにもそんな夜はあります。

 

そんなとき『ホストクラブ全然あり!』

 

ぜひ一度体験してみませんか?2回目のホストクラブ。

楽しい夜が待ってるかもしれませんよ。

 

とはいえ居酒屋ではないわけですから、お酒の値段は高い!

 

サービス料なんですよね。この価格。

日々のやりとりや、同伴、店休が含まれるわけです。

この同伴、店休もなかなか楽しい!

 

次回は、この同伴、店休してみた編。

 

は?アラフォーと同伴とか店休してくれんの?

 

と思ったあなた。これもホストのお仕事です!

次回、お楽しみに!

 

 

ライター:なかネェ〜