実録インタビュー!/ソープ掛け持ち、そして闇金…ホストに懸ける女(後編)

実録インタビュー!/ソープ掛け持ち、そして闇金…ホストに懸ける女(前編)

はコチラ

 

 

稼いだ金の行方は・・・

 

編:稼いだお金って、もしや全部ホストクラブに?

 

ミ:ほとんど。

 

編:・・・Wow.

 

ミ:一番強いお財布になるって決めたから前よりも稼いだけど、前よりも出費が多くなって。高いボトル入れたりとか。

 

編:ちょ、ちょっと待ってくださいよ。稼いだんですよね?ソープ掛け持ちまでしてたんですよね?でも出費が前より多くなったってことは・・・

 

ミ:闇金です。

 

 

編:でぇたああああああああああああ

 

ミ:でも私、優良な闇金顧客なんです。

 

編:うん、ちょっとよくわかんない。

 

ミ:一度も連絡途切れたこともないし、必ず返済日には何割か返金するからやたら信用されてるんですよ(笑)

 

編:その信用はなんかもういいんですけど、ちなみに最初はいくら借りたんですか?

 

ミ:十数万くらい。

 

編:もう返し終わってる?

 

ミ:いや、完済したことない(笑)

 

編:・・・Wow Part2.

 

編:それ、利子とか半端ないですよね(笑)

 

ミ:ですね(笑)もういくら借りてるか自分でも把握してないな。

 

編:完済する見通しは?

 

ミ:う~ん、まあ彼がホストやってる間は(笑)

 

編:これがずっと続いても、彼のこと好きなんですか

 

ミ:そうだな~。あとは・・・ここまで自分が懸けてきたいろんなもの・・・お金とか、辛さとか、それに対しての未練(笑)

 

編:あの、それ、前に話聞いた女の子(テキストリンク)も全く同じこと言ってて、いま鳥肌たってます。

 

ミ:(笑)気持ちわかるな~

 

編:ホストくんは彼氏なんですよね?将来の話とかしてるんですか?

 

ミ:一応、今は同棲してて、結婚したいって話は。彼も彼のほうの家族に話はしてくれてて。

 

編:おお!それは未来明るい!

 

ミ:なぜか彼の家族は彼の職業も私の職業も理解してくれてるんですよ(笑)息子にそこまでしてくれる人なら大事にしろよ!みたいな。

 

編:心の広さが海だ。

 

ミ:でも私のほうはね、そういうわけにもいかず(笑)

 

編:なかなか、そうですよね。彼の職業についても?

 

ミ:言えないですよ~。割と真面目なタイプの両親なので。もちろん私の仕事のことも話してないです。

 

編:じゃあ彼がホストを辞めたら結婚ですか。

 

ミ:何月に辞めるって決めてはいて。でもどうなるかはそのときにならないと分かんないですけどね(笑)一応、辞める月は私がNo.1にしてあげたいからそのために貯金しますね、とは話してます。

 

編:ちなみに、彼がホストを辞めたらミナミさんも今のお仕事辞めるんですか?

 

ミ:・・・ちょっと稼いでから辞めるかな(笑)

 

編:あら、その心は?

 

ミ:このことの為だけに体売ってた、って嫌じゃないですか。本当になんにも残らなかったら。それにこの先どうなるかも分からないし。自分のなかのいろんなことを納得させるためにも、いくらかまとまったお金を稼いで手元に残るようにしてから辞めたいな。

 

編:ちなみに続きで、AVとか出たことは?

 

ミ:あー、あるある!

 

編:なっ!ええ!

 

ミ:大勢女の子が出てるやつだったんですけど、結局もらえたのは7千円くらいだった。

 

編:は・・・え?なな?

 

ミ:そう、なんかなんちゃら料とかいろいろと引かれて。で、ビデオって記録残っちゃうし、全然お金もらえないし、その一本きりですね。AVは単体で売れるようにならないと意味ないって悟った(笑)

 

編:厳しい世の中ですね・・・

 

ミ:ね、バカらしすぎますよね。笑

 

 

 

 

 

ホストのために体を張る女は、超がつく一途。

 

編:話聞いてて思ったんですけど、やっぱり超一途で純粋だなと。

 

ミ:そうなんですかね(笑)とにかく、目の前の目標=彼の一番強いお財布になる、っていう目標を達成するためにはどうしたらいいんだろうって、すごく簡単な式を解いた結果が今なだけです。ま、元々狂ってるんですけどね!笑

 

編:抵抗は?

 

ミ:なかったわけではないです。(夜職は)怖かったし。でもとにかく稼がなきゃと。

 

編:やっぱり一途ですよ。純粋にすごいと思う。

 

編:なんか今日は一段と濃いお話が聞けました。ありがとうございます。

 

ミ:私のほうこそ、こんな感じで大丈夫でしたかね?

 

編:全然!むしろお時間大丈夫ですか?結構長くなっちゃって・・・

 

ミ:大丈夫です!今からまた稼いできます!

 

編:え、ソープ?

 

ミ:はい。あ、ではそろそろ行きますね。ありがとうございました!

 

編:ありがとうございました!(後ろ姿がむしろ眩しいわ・・・)

 

 

 

 

インタビュアー:Iris編集部あーちん

撮影:Iris編集部