女性ならこうありたい♪キャバ嬢お仕事で学んだイイ女の心得とは?/前編

こんにちは。ライターの森山まなみです。

 

キャバ嬢時代に教わったことはたくさんありますが、デビュー時に聞いて以来ずっと心がけていることに「キャバ嬢の心得10ヵ条」というものがあります。

 

 

キャバ嬢の心得10ヵ条

 

① 基本は笑顔でいるべし。口角を下げない!

② 丁寧な言葉使いを心がけるべし。

「ですます」で始まり、タメ口は親しくなって了解を取ってから!

③ 姿勢良くあるべし。猫背禁止!

④ 謙虚であるべし。イイ女は慎み深いもの!

⑤ 従業員は黒子として扱うべし。営業中は私語厳禁!

⑥ 何事も素直に喜ぶべし。感情表現は豊かに!

⑦ NO!をきちんと伝えるべし。ダメなものはダメ!NGなことをなぁなぁにしないこと!

⑧ マメに状況報告をするべし。店にもお客さまにも連絡を欠かさない!

⑨ 指名の席を離れている時も気を遣うべし。席の責任は全て指名嬢にある!

⑩ 「キャバ嬢(=自分)は商品」であることを自覚するべし。嬢としての価値を損なわないように言動には注意!

 

 

 

どれもキャバ嬢として「こうあるべき」という理想であって、現実的には難しいことが多々あります。ぶっちゃけ、私も常に全部をクリアできてる状態なんてほとんどありませんでした。それほど厳しい心得であるのですが、プロとして立派にキャバ嬢をやり遂げようと思うなら、少しでも心得に近づくべく努力をするもので、私もいつも心に留めてお仕事をしていました。

 

 

キャバ嬢の心得はイイ女の心得としても有効

 

そして、今にして思うのは、キャバ嬢の心得はイコール大人のイイ女の心得としても通じるんじゃないかということ

 

特に、①~④、⑥、⑦あたりは全ての女子にオススメしたい項目です。

①~④は基本的なたしなみで、①の笑顔はいわずもがな、の「丁寧な言葉使いを心がけるべし。「ですます」で始まり、タメ口は親しくなって了解を取ってから!」と謙虚であるべし。イイ女は慎み深いもの!」は、品格が垣間見れるポイントなので大人女子には必須でしょう。

姿勢良くあるべし。猫背禁止!」なんてのは、これだけでもキレイに見える度がアップするのでやらなきゃ損ですよ。

そして、⑥の「何事も素直に喜ぶべし。感情表現は豊かに!」はモテの必須条件だし、⑦の「NO!をきちんと伝えるべし。ダメなものはダメ!NGなことをなぁなぁにしないこと!」は、都合いい女にならないための心構えと言えるでしょう。

 

後編に続く・・・

 

 

 

ライター:森山まなみ