期待を裏切らないあの女優に「おかえり」と言いたい!

どうも、がねりんだ。

※写真はイメージ(©ぱくたそ(www.pakutaso.com))

 

 

9月上半期のおもしろニュース、始まったが、いや〜、今回も濃い。天下一品ばりのドロッドロとした濃さ、むせるんじゃないのかってほど。翌日は太田胃散が手放せない。ただ、僕こういう濃さは大好き。スープまで飲み干しちゃう。

 

それほど今回もなかなか見応えのあるニュースがあったので説明していこう。ちなみに内容は「坂口杏里、期待を裏切らない」「声優の緒方恵美、ホストに間違われる」「大智、反面教師を学ぶ」の3つとなっている。あ、まって、まだ焦らないでこれからだから。

 

 

 

坂口杏里、期待を裏切らない

 

2世タレントとして出てきて、そこからAV女優に転身しそのかたわらでラウンジのキャバクラ嬢として活躍し、そこでNO.1を獲得。問題はあったものの、なんだかんだ私生活が充実してもうニュースとして取り上げることとは無いかなーって思っていた。でも、俺達の杏里はそんな簡単には終わらない。

 

先に言おう、「おかえり!」

 

さて、気になるのはどんなトラブルをしでかしたのか。簡単に言うと店内で警察沙汰を起こしたってこと。いや、もう待ってました!もはや、歌舞伎でいうところの「見得」。ダチョウ倶楽部でいうところの「アツアツおでん」のような感じ。警察沙汰は坂口杏里のアイデンティティーそのもの!やっと修羅の道に戻ってきてくれた。

 

ちなみに詳細はというと、客足が途絶えず営業時間を超えて営業していた坂口杏里が勤めているラウンジに、泥酔した出勤が終わった坂口杏里が警察に通報したとのこと。しかも、店との関係もそれまでは良好で、スタッフと中が良かったらしい。

 

それだけじゃなく、その後自分がやったと報告し、謹慎処分となった最中に勝手に辞めたと・・・。100点満点のクソヤロウっぷり。恩を仇で返しまくっている。こんなの許されるのは、世界でもパリス・ヒルトンぐらいだろう。と考えたら、坂口杏里はもはや和製パリス・ヒルトンなのかもしれない。いや〜、坂口杏里さん、今回もごちそうさまでした。

 

http://www.jprime.jp/articles/-/10526

 

 

 

声優の緒方恵美、ホストに間違われる

 

新世紀エヴァンゲリオンのシンジ君役でも知られている声優の緒方恵美さん。名前は知らないけど声は知っているも多いだろう。僕はエヴァの大ファンであり未だにチルドレンだと思っているので、よく知っている。

 

シンジ君といえば、繊細な年頃という言葉に惑わされがちだが、シンプルにメンヘラ。そんな人物だったシンジくんが、歌舞伎町でホストに間違われるとは。成長したね〜。なんだろう、この親になったかのような感覚は。これが父性ってやつかな。

 

それはさておき、声優として大人気の緒方恵美さんがホストに間違われるということは、よっぽどイケメンだったのだろう。ネットでも鼻血を放出している方が多数みられるあたり素晴らしい。あーー、会いたい。

 

https://abematimes.com/posts/2903461

 

 

大智、反面教師を学ぶ

 

人は何から学ぶのか、それは人だと私は思う。人の振り見て我が振り直せということわざ然り、反面教師という四字熟語しかり、人から学ぶことは多い。今回AAAのホスト大智も人の振りから何か学んだようだ。

 

キッカケは大智さんが、いつも見ていたネタバレサイトの管理人が捕まったこと。ニュースにもなったのでご存知の方も多いだろう。ネタバレサイトを運営し、3億以上稼いだはいいものの結局捕まってしまう。サイト作りのために努力は下のだろうが、捕まって全てをパアにしてしまったという間違った努力はすべきではないという学びをこのニュースから読み取ったという。ちなみに私は、このニュースに関しては「3億円すげー」としか思わなかった。

 

大智さんの感受性は素晴らしいな。ただ、ブログの最初はホストのランキング発表だっただけに、この方向に話が飛んだ時は一体どこにオチを作るのかヒヤヒヤしたのはここだけの話だ。

 

https://ameblo.jp/idaichi/entry-12308429905.html

 

 

 

まとめ

 

以上が9月の上半期おふざけニュースまとめだ。坂口杏里の復活劇は素晴らしかった。もう全てのニュースがそこに吸い取られていったと言っても過言ではない。正直、残り2つのニュースは見劣りしすぎて何を言えばいいのかわからなかった。・・・下半期はもっと頑張ります。。。

 

 

 

ライター:がねりん