お勉強のじかん―夜の専門用語 2時間目―

こんばんわ。

港区女子にはなれなかったけれど、絶賛港区で徹夜2晩目の社畜OL赤 坂子です。

※写真はイメージ(©Shutterstock)

 

 

昔のように水を跳ね返す肌の潤いは皆無ですが、せめて心の潤いは保ちたい・・・

心の潤いって、みなさんなんだと思いますか?

坂子はやはり「学ぶ」ことだと思うのです。人生いくつになっても世の中知らないことだらけ。学ぶことで人は成長し、若々しくいられるような気がします。

 

まだまだ坂子も学びたい、心をうるうるにしていたい、そしてあわよくば熟したレディになりたい・・・!そんなこんなでお伝えする夜の世界の専門用語、2時間目はホストクラブ”店内”での専門用語についてお勉強いたしましょう。

 

専門用語1「初回」

意味:初回来店。その店に来るのが初めて、という意味。

 

※写真はイメージ(©ぱくたそ(www.pakutaso.com))

 

 

 

 

専門用語2「送り」

意味:新規の客をお見送りすること。

 

※写真はイメージ(©ぱくたそ(www.pakutaso.com))

 

 

 

初回、は見ただけでなんとなく意味がわかりますよね。初回来店という意味で、初めて来店することを意味します。

なんとこの初回、実はめっっっっっちゃお得なのです。坂子も調べるまで知らなかったのですが、なんと多くのホストクラブでは

初回の相場は1000~2000円(一人)ととても安価

初めてのお客様に気軽に来ていただきたいということから、このお値段なんだそう。

 

 

よく考えてみてください。金曜日夜、今週も疲れたな~でも忙しくて友達と約束してなかったし・・・一人で居酒屋とか寂しいし、ていうかなんか今日はパーッと飲みたい気分だし、でもあんまりお金ないな~・・・という日、2000円で男前たちと楽しくお酒が飲めるというシステム。しかも一人の男前じゃない。何人もの男前と飲めるんです。

最高なんじゃないかこのシステム。なんかよく分からんけど新しい法律にいれてほしい。(本当によく分からん)

 

 

ちなみに初回の場合はホストを指名することはできず、大体1.5~2時間という時間制のなかでホストが入れ替わりで数名席についてくれます。だから何人もの男前と飲めるんです。

 

え~、じゃあ気に入ったあの男前とはもう二度と喋れないの・・・!?と思った貴方に朗報です。初回は基本的に指名はできないけれど、「送り」といって最後にお見送りをしてもらうホストを指名することはできるというシステムがあります。

 

この数分の再会・・・たった数分、されど数分。ここでさっきできなかったお話をしてみたり、連絡先を交換してみたい、そっと手を重ねてみたり・・・(嗚呼、めくるめく妄想の世界・・・!)

 

送りをしてもらっているときに、「じゃあ、次来たときもアナタでお願いね」と指名することもできるので、案外誰を送りに指名するかは重要というわけです。なんだか、どこまでも女を優位に立たせてくれるこの感じは、坂子、嫌いじゃない・・・!

 

次回は初回以降に来店したときに気になる、基本の専門用語をご紹介します。

みなさまのお役に少しでも立てますように。

 

かしこ。

 

お勉強のじかん―夜の専門用語 1時間目―はコチラ

 

 

ライター:赤 坂子