夜の仕事から学んだ、イイ男を見極めるポイント6つ/前編

ライターの森山まなみです。※写真はイメージ

 

自由が丘、渋谷、歌舞伎町、銀座のお店などで10年以上の経験がある元キャバ嬢。

今回は、夜の仕事目線で見た「イイ男を見極めるポイント6つ」と題しまして、素敵な男性のポイントをご紹介。   

男性読者はもちろん、女性の皆さんも参考にしてみて下さい。

 

1. 素敵な笑顔で振るまうことができる男性

 

周りから好かれる男性は、温和だったり、笑顔が多いもの。

あなたの周りにも、素敵な笑顔が自然に出てくる男性はいませんか?

キャバ嬢は笑顔が基本だし、笑ってない女は可愛くないと女性ばかりが「笑顔」を強要される場面が多いですが、実際には男女関係なく笑顔の出せる人ほど人は寄ってきます。

“笑う門には福来る”って言うのは本当で、最近では医学的効果も認められているほど。

個人的なことを言えば、辛くても切なくても笑って仕事をし続けたから、たくさんのご縁に恵まれたんだと今は思っています。

いつもへらへら笑っているような男性や笑顔に嫌味がある男性はNGだけど、笑顔が素敵だなと感じることのできる男性は自分にとってイイ男なのは間違いないです。  

 

※写真はイメージ

 

 

 

2. 基本的な挨拶や会話ができる男性

 

プライベートでも仕事においても、あらゆる場面において基本的な挨拶や会話がしっかりできることは大人として当然です。

仕事で何万人もの男性と会話してきたけれど、正直これができている男性は日に何人もいませんでした。

そしてもれなく彼らは周りから好意的に思われていてたし、キャバ嬢からもモテていました。

キャバ嬢はお客さんとお酒を飲みながら会話するのが仕事なので、会話できない相手だとものすごーく疲れるんです。

人に好印象を与える挨拶や会話は、常日頃から意識していなければできません。

気の無い返事や、表面だけの笑顔は、相手にしてみればすぐ分かります。誰にでもできる簡単なことに思えても、きちんと身に付けていないとボロが出るので、見極めは意外と簡単です。

しっかりチェックしてくださいね。 

 

※写真はイメージ

 

 

3. 悪口や不満を言わない男性

 

人の悪口や不満ばかりを口にする男性は、心が狭いだけでなく、自分に自信がないことを自ら暴露してるようなもの。

また、人に責任を押し付けることで自分を正当化してしまう自分に甘いタイプでもあります。

そもそも悪口や不満は聞いている方も不快な気分になるし、言っている人に対しても良い印象は絶対に持ちません。

お酒の席での悪口は無礼講だと思ったら大間違いで、キャバ嬢はここでお客さんの人間性を見ています。

たぶんキャバ嬢じゃなくても、悪口や不満を口にするかどうかで信頼できる相手かどうかを見極めている人は多いと思いますよ。

まさかそこで問われているとは本人は思ってもみないかもですが。

どんな不満があっても自分の中でプラス転換でき、例え悪口を言いたくなっても理性で抑えられる男性なら、この先長い人生において、どんな困難な事も乗り越えられるはず。

周りを妬まずひがまず、常に前向きな男性とならずっと一緒にいたいと思いませんか?

 

※写真はイメージ

 

 

 後編に続く

 

 

ライター:森山まなみ