ホストあるある『源氏名にまつわるエトセトラ』

はじめまして、港区女子になりきれなかった社畜OL赤 坂子です。

※写真はイメージ(©ぱくたそ(www.pakutaso.com))

 

 

すこしの不安と都会への憧れを胸いっぱいに抱えて大都会東京にやってきて早数年・・・

 

年取るほどに月日の流れを早く感じると人生の諸先輩方に言われたことをひしひしと感じる今日この頃です。

 

赤坂で働いていればキラキラ港区女子に望まなくてもなれると信じていたのですが、人生そう甘くありませんでした。今日も平日の23時ですが仕事おわりません。南無。

 

 

そんな枯れ人生の一途を辿っている坂子ですが、港区女子のように内面からキラキラを放てないのならば、外側からキラキラさせてもらえばいいんじゃ?ということで初めて行ってみたわけです。

新宿駅から、いつもなら巨大ゴジラに向かってまっすぐ行くところを少し右に逸れて・・・

 

歌舞伎町です。

 

※写真はイメージ(©ぱくたそ(www.pakutaso.com))

 

 

なんて・・・なんてまばゆいんだ歌舞伎町・・・!

 

男も女も、わたしにはない生命力の強さを感じて足が生まれたての子鹿にようになりました。なんかすごいんですけど歌舞伎町。

 

 

とてもじゃないけどこの煌きにたった一人では太刀打ちできそうになく、あたかも「このへん家までの近道だから通っただけですけど」感を醸し出しながら早々に帰宅し、とりあえず記念すべき歌舞伎町デビューを成功させるべく基本情報を身に付けねばと調べてみたのです。

 

そこで知った。知ったんです。

 

 

歌舞伎町には、否ホストクラブには(ええ、言っちゃいますよホストクラブですよ行きたかったのは)一般人には知りえないさまざまな”あるある”が存在することを。

 

郷に入っては郷に従えとは先人の有難いお言葉。こんな基本的なことを疎かにしてたとはなんて傲慢だったんでしょう・・・。

 

というわけで、大人の女として恥ずかしくない歌舞伎町デビューをするために、あの世界に存在する知っておきたい”ホストあるある”をお勉強していきたいと思います。皆さんの人生に、少しでもお役立ちできますように。(できるかは保証しません。)

 

 

■源氏名のあるある事情

 

まず第一回目は、ホストといえばその特徴的な名前。『源氏名』についてのあるある。

源氏名にあるある?というか、源氏名ってなんかいいな、ミドルネーム並みにほしい・・・と思いつつ、調べてみました。

あるわあるわ、源氏名のあるある!こんなにあるのかよ!

 

 

あるある1 「一」「夜」「神」「水」を付けがち

 

 

なにそれ、なんで?と思いましたが、それなりに理由がありました。

 

「一」・・・一番になるための験担ぎ(例:一条、一ノ瀬)

「夜」・・・夜の商売だから(例:一夜、聖夜、)

「神」・・・神になりたい中二病?(例:夜神、神夜、神咲、美神)

「水」・・・水商売なので水に関わる漢字も多い(例:湊、流川、水城)

 

なるほど、THE 安易。でもこれくらい分かりやすく安易なほうがいいのかもしれません。

それにしても「美神聖夜」なんて方に担当された日にゃ、なんかすごい神々しい夢見れそうだな・・・

 

 

あるある2 見た目のイメージで勝手に名前をつけられる人もいる

 

 

あーーーーこの世のそこらかしこで存在するあだ名ルールがこの歌舞伎町にもあるとは!本人の意向に関わらず、大した意味もなく付けられるあだ名ほど何十年と定着したりするんですよね。

でももしかしたら、歌舞伎町だと少しオシャレだったり?するのかも?

 

太っている人・・・「ポチ」「ポン太」

坊主の人・・・「ATSUSHI」※EXILEの○TSUSHI?

顎が出ている人・・・「アントニオ○○」「ザキヤマ」

 

全然オシャレじゃねえ。むしろ全国トップレベルでひねりもクソもねえ。

絶対となりの店にも同じあだ名の人いるよね?ていうか歌舞伎町内にザキヤマってあだ名の人30人くらいはいるよね?

 

源氏名にまつわるあるあるを調べてみて思ったのは、なんとなく安心感でした。

普段仕事ではカタカナのIT用語やビジネストークばかりで頭がカチカチになっているわたしにとっては、なんというか、この絶妙なゆるい感じに好感を持てたのです。

いいじゃないか、歌舞伎町。すこし近づきやすくなった気がするよ・・・!

 

源氏名の次は、どんなホストが存在するのか?なんとなくのイメージはあるものの、その実態は不明ですがホストにも流行りのスタイルがあるそうで。そんなホストのスタイルあるあるを調べてみようと思います。

 

それではまた。かしこ。

 

 

ライター:赤 坂子