『本屋』に『泊まる』!?歌舞伎町に新たなコンセプトの本屋が誕生!

※写真はイメージ(©Pixtabay/pixabay.com)

どうも、がねりんだ。ゴールデンウィークが過ぎ、5月病を発症してしまった方も多いのではないだろうか。なんと哀れな。

 

しかも、次の祝日は7月の海の日までおあずけだ。今のうちに6月のどこで有給を使うか考え、5月病を和らげて欲しいものだ。

 

ちなみに、私はゴールデンウィークも働いていたため、5月病は免れた。でも本当にそれで良いのかと思っている。

 

そんな5月上旬に起こったニュースは、

 

『泊まれる本屋が歌舞伎町にオープン!!』

『パクチーフェス2018が歌舞伎町で開催!』

『ZARA試着専門店が六本木に誕生』

『スヌーピーミュージアムが最後の展覧会を開催』

 

以上の4つだ。早速紹介していく!

 

泊まれる本屋が歌舞伎町にオープン!!

 

人の幸せというのは3つある。

 

『美味しい料理を食べる』

『好きな方と結ばれる』

『本を読みながら寝落ちする』

 

この中でも最後の『本を読みながら寝落ちする』をコンセプトにした、泊まれる本屋こと『BOOK AND BED TOKYO』が、今月22日に歌舞伎町に爆誕する。

 

宿泊料金はシングルが1泊5,300円〜、コンフォートシングルが1泊5,800円〜、ダブルサイズが1泊1万円〜、スーペリアルームが1万2,000円といった料金設定だ。

 

部屋数は全部で28室となっており、ベッドなどは高級であったり、快適さに特化したものでは無く普通。だが、ホテル内には多数の本が用意されており、寝落ちするための環境が整っている。

 

寝落ちって本当に気持ちが良い。気がついたら朝な上に、ああいう時って寝起きもめちゃくちゃ良いんだよね。

 

本好き、寝落ち好きの方は『BOOK AND BED TOKYO』に泊まってみよう。

 

https://www.wwdjapan.com/611739

 

パクチーフェス2018が歌舞伎町で開催!

 

5月の23日から27日までの間、新宿歌舞伎町シネシティ広場にて『パクチーフェス2018』で開催されるとのこと。

 

料理もパクチーをふんだんに盛り込んだものを用意。参加店も有名店ばかりなので、味も保証済みだ!

 

もちろん料理だけではなく、ドリンクも多数取り揃えている。しかも、どれもパクチーを使ったものばかり。まさにパクチー好きのオアシスだ。

 

実のところ、私はまだパクチーを食べたことがない。なのでパクチーがどんな味がするのかも知らない。

 

というか、ただの草じゃねぇかという気持ちが強く、自分から食べようとも思わない。

 

しかし、このパクチーブームの中、本当に食べずを貫くのが正しいのかわからなくなっている。私と同じ気持ちの方は、こういう機会に挑戦してみるのも良いのかもしれない。

 

https://www.fashion-press.net/news/39520

 

ZARA試着専門店が六本木に誕生

 

ZARA JAPANは5月9日から8月までの期間限定で、六本木に試着専門店を誕生させた。

 

この店舗は簡単に説明すると、展示されている服は全て試着のみとなっており、気に入ったものはオンラインショップで購入するというシステムを取り入れている。

 

商品はEC倉庫から出荷され、後日手元に届く。それに、13時までに購入すれば、同日の18時以降には届くという早さ!

 

13時以降の場合は翌日の午後に届くようになっている。通販みたいに何日も待たなくて良いのも魅力だ。

 

もう買い物袋の多さに悩むことなく大人買いができてしまう。気になるのなら、六本木ヒルズ内の『ZARA六本木』にショッピングに行ってみよう!

 

https://www.ryutsuu.biz/ec/k050850.html

 

スヌーピーミュージアムが最後の展覧会を開催

 

スヌーピーってめっちゃかわいい。私も大好きだ。特にチャーリー・ブラウンは名前の響きから何まで大好き。

 

六本木には以前から期間限定で『スヌーピーミュージアム』がある。カリフォルニア州にある『シュルツ美術館』のサテライト施設としてオープンしたが、今年の9月24日をもって閉館することとなった。

 

今はフィナーレを飾るべく『ともだちは、みんな、ここにいる』というテーマで開催されており、貴重な原画などを通してピーナッツを振り返られる。

 

9月まで開催しているので、ピーナッツファンは最後に1度足を運んでみてはいかがだろうか。

 

https://www.pen-online.jp/news/culture/snoopy/

 

まとめ

 

以上が5月上旬のニュースだ。個人的に気になるには『泊まれる本屋』だ。歌舞伎町にはおもしろいコンセプトを持った本屋が多数存在する。なので、歌舞伎町で本の旅をしてみるのもおもしろいんじゃないだろうか。