初心者でも大丈夫!新宿二丁目「観光バー」に潜入してみた!〜前編〜

 

どうも、”二日酔いには迎え酒”人呼んでふつかよいのタカハシと申す。

 

突然だが、新宿を愛する読者諸氏、「観光バー」とは何か知っているだろうか?


観光バーとは、平たく言えば
「おかまバー」のことなのだが、その中でも一見さんや女性同士、ノンケでも入りやすい、初心者歓迎のバーを指す。

 

今回は、そんな「観光バー」潜入レポートを前編・後編に分けてご紹介する。

 

 

 

 

初心者光バvol.1「マスカレドカフェ」

1軒目は、新宿御苑の入り口からほど近い距離にある「マスカレードカフェ」。
新宿御苑駅から徒歩3分ほどで到着だ。

 

緊張のあまり女友達と「やっぱり帰ろうか」などと言いながらお店の前をうろついていると、目があったオネエ様が「いらっしゃいませ〜!どうぞどうぞ」と、扉を開けて出迎えてくれる。

 

その優しい笑顔に、ほっと胸をなでおろすタカハシ。


▲ネオンきらめくバーカウンターは非常におしゃれで、酒好きにもたまらない空間。

 

日曜日のオープン早々に伺ったためか常連のお客さんが多かったのだが、「訪れやすい観光バー」という評判を聞きつけた初心者の女性客同士が来店することも多いそう。

 

金曜日・土曜日は特に賑わうそうなので、ゆっくりしたい場合は早めの時間の来店が吉。チャージ料金は900円で、おつまみ付きだ。

 


▲お酒のメニューはもちろん、フードメニューも豊富。ポテトと唐揚げの盛り合わせは、揚げたてを提供。熱々で、ウマイ。

 

ちなみに、バーテンダーのオネエ様はとても気遣い上手で、常連さんだけでなく、ソワソワする私たちにも話を振ってくれた。

 

好きな音楽の話や、洋服の話。いわゆるオーソドックスなバーにいるような感覚で会話ができる非常に落ち着く空間に、思わず「ここ、本当に観光バーだったっけ・・?」と錯覚を覚えるほどだ。

 

さらに、常連のオネエ様たちもとても優しく、
「何歳なの?多分○○年生まれだと思うけど。」(※ズバリ言い当てられ、たじろぐタカハシ)
「ライターってどういう文書くのよ?一眼なんてぶら下げてよくいる観光客みたいになってるけど」(※一眼をそっとカバンの中にしまうタカハシ)
などと楽しいやり取りが繰り広げられた。

 

雰囲気も落ち着いていてゆっくり飲める空間なので、「おかまバーは敷居が高い・・」という諸氏には、是非訪れていただきたい。

 

 

お店情報
住所:東京都新宿区新宿2‐4‐1第22宮廷マンション1F
営業時間
月曜日~土曜日:19:00 ~ 5:00
日曜日:19:00 ~ 0:00
定休日:祝日
電話番号:03-6273-1171

 

 

屁のこき方について「思いっきりこいた方が良い」というオネエ様の結論に深く頷きながら店を後にしたタカハシだったが、これはあくまでも観光バーの序章にしか過ぎなかったことを思い知らされることとなる。

 

 

2軒目に訪れた恐るべき観光バーとは、一体・・?!

後編に続く