貞子、いい人過ぎる件について

※写真はイメージ(©Shutterstock)

 

どうも、がねりんだ。東京は大雪に見舞われたとニュースで観た。雪合戦をした方も多いと思う。まぁ、こんな機会そうそうないしね

 

特に東京となると。私雪合戦あまり得意ではない。苦手だ。というのも過去に投げた雪玉に小石は混じってしまい、かつ車にぶつけて凹ませてしまった経験がある。

もうそれ以降は雪合戦から雪だるま作りに移行し、雪合戦はやらなくなってしまった。

さ、今回の歌舞伎町ニュースは『貞子、いい人過ぎる』『六本木に怪獣レストラン誕生!』『目玉焼きは気泡ができたら負け』の3本だ。

 

 

 

貞子、いい人過ぎる

 

Jホラーの先駆けとして我々に恐怖を与えた『リング』

その中で出てくるキャラクターと言えば貞子だ。井戸の中から徐々に近づいていく様はインパクト大。

恐怖のどん底へ突き落とされた方も少なくないだろう。私もその1人だ。そんな貞子は実は『いい人』だという噂がある。

いやいや、そんなわけない。貞子がいい人なわけない。いい人が呪いのビデオを見た人を引きずり込むか?

優しい人はもっとこう、献身的で丁寧で人のことを思いやれる存在だ。記事に書いてあることを見てみると

・カップルと一緒に写真を撮ってあげる
・優しくチラシを配る
・撮影会でも神対応

 

めちゃくちゃ良い奴じゃねえ!!

貞子がいい人だということがわかったので、これからリングを観ても怖くないだろう。

http://eiga.com/news/20180127/11/

 

 

 

六本木に怪獣レストラン誕生!

 

怪獣レストランというと、ウルトラマンに出てくるような怪獣がお出迎えしてくれると想像しがち。

 

もちろん、世の特撮好きにとってはこんなに嬉しいことはない。だが、六本木に新しくできた怪獣レストランは少し違う。

なんと怪獣娘(三次元)がお出迎えしてくれるのだ。

これはジュルリである。しかも可愛いとなればなおのこと。こんなに素晴らしいお店が六本木に誕生したのか。

これは行くしかないせ・・・怪獣好きだからこそ、このお店に私は行きたい。

https://sirabee.com/2018/01/26/20161473918/

 

 

 

目玉焼きは気泡ができたら負け

 

目玉焼きはどう作っている?もしかしたら強火で何も考えずに作っているのではないか?それならまだしも、目玉焼きに『気泡』を作ってしまっているのでは?

 

 

残念、あなたは負け組である。

 

 

今後は目玉焼きに気泡を作ってしまった負け犬として、二度と顔を上に向けず這いつくばって残りの人生を歩んで欲しい。

 

ホストの大智さんの目玉焼きを見てみろ。あなたのような負け犬とは違い見事なまでの目玉焼き。これが勝者だ。わかるだろこの埋まらない差を。

 

おっと、あまり目玉焼きを見すぎるな。それ以上見ると勝者である大智様の目玉焼きが、負け犬の視線で汚れてしまう。

恨むのならこの階級社会ではなく、目玉焼きに気泡を作ってしまったあなたの実力を恨みな。

https://ameblo.jp/idaichi/entry-12347400089.html

 

 

 

ライター:がねりん