元嬢たちのリアルストーリー②~プロ雀士~前編

※写真はイメージ(©Shutterstock)

 

 

こんにちは。ライターの森山まなみです。元キャバ嬢たちの卒業後を紹介するコラム第2弾です。

勝手にシリーズ化していますが(笑)、

第1回目のソムリエールはご覧になっていただけましたか?

 

 

 

第2回目は、キャバ嬢から麻雀の世界に飛び込み、あっという間に人気プロ雀士になったH嬢のリアルストーリーです。麻雀だなんてオヤジくさいイメージがあるかもしれませんが、意外にも若い女流プロが増えているそうですよ。

 

 

 

<NO.1キャバ嬢を経てプロテスト一発合格!瞬く間に人気プロ雀士へ>

 

H嬢とは直接の面識はないものの、某区にあるキャバクラD店の看板キャバ嬢としてH嬢は数々のキャバクラ雑誌や紹介サイトに出ていました。私は当時からキャバクラコラムを書いていたこともあって、いちおう歌舞伎町以外の人気キャバ嬢もチェックしていたのでH嬢のことは知っていたのですね。

 

D店は大手経営で歌舞伎町にも系列店があったのですが、なんとH嬢は系列全店の中でNO.1を張っていました。歌舞伎町店の人気嬢を抑えての指名・売上トップというのはスゴイなと驚いたことを覚えています。しかも、その指名・売上の記録は未だ破られていないようです。

 

長身のスレンダー美人というビジュアルだけでなく、竹を割ったような性格というか裏表がないところも人気の秘密だったように思います。

 

もっと驚いたことに、H嬢がキャバ嬢だった期間はたった1年9ヶ月。大学を卒業し、一度就職してからのキャバ嬢デビューは遅めではありますが、それでも卒業まで1年9ヶ月というのは短すぎる活動です。その短い期間でNO.1に上りつめ、指名・売上のグループ新記録を樹立してしまいました。キャバ嬢として天賦の才能があったのか、人の心を掴む天性のものがあるのか…。

 

女流プロ雀士としても人気となり、現在も大活躍していることから、H嬢の持つものは人の心を掴む才能なのでしょうね。

 

とにもかくにも不動のNO.1の座に君臨し、お店からもお客さんからも認められたH嬢は、「やりきった」という気持ちからキャバ嬢卒業を決めたそうです。

 

そして学生のころから趣味以上に好きだったという麻雀のプロテストに挑み、見事一発合格を果たしたのです。プロデビュー翌年から、女流雀王やオープン杯優勝、女流王座決定戦優勝など数々のタイトルを獲得し、周りに実力を見せつけました。

 

今や「可愛いだけじゃない」元キャバ嬢のプロ雀士として麻雀界でも不動の地位を築いています。

 

 

後編に続く

 

 

ライター:森山まなみ