デトックスして明日も輝く☆夜のお仕事で学んだスパ活用法/後編

※写真はイメージ

 

 

こんにちは。ライターの森山まなみです。

前編はコチラ

 

スパって言うと、ラクーアとかハワイアンズを想い浮かべてしまう私は、根っからの庶民だなって思います…。ホテルステイでのエステを身近に感じられるステイタスを持ちたいです。だって自分を愛して、ずーっと大切にしていくのは、特別なキャバ嬢だからじゃなく、全ての女子に必要なことですもん。

温泉地とか健康ランドのスパも良いけれど、売れっ子のカリスマキャバ嬢が選ぶのはリラクゼーション最優先の高級スパ。高級ホテルのエステを通じたヒーリング効果も見逃せないポイントです

 

 

 

贅沢な空間に身を置くことの効果とは?>

 

一流ホテル非日常を感じることができますよね。ホテルはお金さえ払えば誰でも泊まれる施設だけれど、一流の高級ホテルは金額で足切りすることでお客さんをんでいると言えます雰囲気やサービスの質を始め、提供される全てのホスピタリティは、単純な接客とは一線を画しているし、とにかく贅沢さのレベルが違うというのも一流ホテルがステイタスホルダーに選ばれるゆえんでしょう

 

最高の時間と極上のラグジュアリー、そしてハイレベルな技術を求めるなら、やっぱりホテルスパなのです。たぶんマッサージのテクニックだけで言えば、街スパにもゴッドハンドはいます。でも、街スパではセレブ気分にはなれないし、優雅さは求められないでしょう。癒ししかない極上の高級スパを、美意識をキープするだけじゃなくて、自分のデトックスとリラックスのためだけに使う。こんな贅沢はありません。ただエステを受けるだけじゃない付加価値があるのですね。

 

つまり、その空間にいられるということだけで「自分は選ばれた人間だ」と気持ち的にも高まるし、ましてや自分の力でその贅沢な空間に滞在できているのならなおさら誇らしく思えるもの。

 

 

ストレスを愚痴とかで発散することなく、エステをしてもらうだけで全部デトックスされるって、普通は考えられません。でも、一流ホテルの高級スパ空間はいるだけで外界の下世話なことなんて全て吹っ飛ぶし、低レベルな争いなんてどうでも良くなる。自分を一段高いランクに上げられるんですね。

 

 

贅沢さと技術を伴った一流のエステシャンの施術を受けることで、自分にはそれだけの価値があると実感できるし、その場所に居続けることができるように頑張ろうとも思えます。仕事へのモチベーションや向上心になるという正のスパイラルも素晴らしい効果ではないでしょうか

 

 

 

ライター:森山まなみ